実は油断できない!?草食動物の恐ろしさ!!

草食動物と言えば、草原や森で草や木の葉を食べている大人しい姿が思い浮かぶと思います。

そういった草食動物は人は襲わないし、近付いても全然平気と思う方もいることと思います。

ですが、実際は全く油断できません。

草食動物でも人を襲う時はありますし、肉食動物にも勝るとも劣らない殺傷能力を持っている動物もいます。

例を挙げるなら、牛やサイなどです。あの角で付かれたら重症は免れません。

また、馬などの仲間も、後ろ足でのキックはライオンでさえ殺せると言われるほど強力です。人間などひとたまりもありません。

更に例を挙げるなら、『アフリカで最も人を殺す動物は何か?』という質問がありますが、これの答えは、実は『カバ』なんです。

カバは非常にナワバリ意識が強く、ナワバリに入ってくるもの肉食動物だろうと草食動物だろうと、人間であっても容赦しないと言われています。

実際アフリカでは、年間2900人もの方がカバの襲撃を受けて亡くなっています。

アフリカなどに旅行に行く際は、草食動物だから警戒しなくてもいいという考えでは、非常に危険ですのでお気をつけて。

卓球の競り合いを見たり授業をしたりしていました

テレビをつけたら、卓球の舞台をやっていました。生中継でやっていたので見ました。福原愛情アスリートの舞台をやっていました。勝っていたので良かったです。そして、練習をしました。細胞について練習しました。物理サイエンティストのフックは、顕微鏡で見晴らし、多数の中空の広間からできていることを発見しました。つまり、コルクの特性は無数の中空の広間からできている企業によることを突き止めました。恋人が見晴らしたのは細胞バリヤのみが残る、死んだ細胞でした。フックは、コルクの切片を黒いペーパーに載せてあとから光を当てて、その反射光を見晴らしたので、空洞部位が黒く、細胞バリヤが白くスケッチされています。根幹は、細胞の役目を調節します。根幹膜に包まれ、中に染色ボディーと根幹小体があります。染色ボディーには遺伝子(DNA)が存在します。ミトコンドリアは鳥獣、植物のほとんどの細胞に豊か存在し、酸素を用いて有機物からバイタリティーを取りだすためのブレスが行われています。勉強になりました。