真冬の寒さはやる気をなくさせるが、徐々に体を動かせばやる気も出てきます

本日は、この冬一番の寒さです。あまりに寒いので何もしたくない状況です。
しかし寒さに負ければ何もできないです。洗濯は洗濯機に洗物をほうりこみ
あとは自動でやってくれるので、その間雑巾がけをします。それにしても最近の
洗濯機は全てやってくれるので非常に楽です。

洗濯中、雑巾がけを始めます。雑巾は水ではなく給湯器からの水(お湯)で絞った
雑巾で各部屋の汚れが目立つ場所を雑巾でふき取り、そして床拭きを行います。
これで雑巾がけの終了です。

洗濯が終わると洗濯機から音(終了)がなります。あとは洗濯物を干すだけなの
ですがベランダを見てみると、風の音が窓の隙間から入ってくるので外がいかに
寒いかを知らせてくれます。しばらくすると洗濯が終わったという音が鳴ってき
ます。そしてベランダで洗濯物を干します。

外は非常に寒く風もかなり強いです。この状態で洗濯物を干すのでいかに辛いかが
伝わってきます。そして風が体に突きささります。風と寒さのダブル攻撃は干す
洗濯物がなくなった事で終了です。

この時点で洗濯、雑巾がけが、終了しましたが、何か足りない感じがします。
掃除機がけです。掃除機がけは毎日していますが、最近、掃除機の吸引力が弱く
なってきています。その為新しい掃除機が頭の中で買え、買えと誘惑してきます。
しかし、誘惑を消し去り、今使用している掃除機を使用します。

冬の掃除は辛いですが、常に清潔感がある方がいいので寒さを弾き飛ばします。ミュゼ 会員 予約 変更