エネルギーのごとと力学類エネルギーの素行

労力の別などについて学習しました。ワット期間(W期間)は、1Wの電力を1ひととき消費したときの電気労力だ(1Whとも表す)。1W期間=3600Jだ。力学類労力は、スレやムードの反発がなければ、規定に保たれます。これを、力学類労力保管の慣習といいます。スレやムードの反発、階層への驚がくによって力学類労力は少しずつ意欲労力や雑音労力に移り変わって赴き、球は近々止まってしまう。各種様子の労力が共に移り変わっても、労力の総量はずっと規定に保たれます。これを、労力保管の慣習といいます。光合成によって、輝き労力は化学労力に修正されます。わたしたちは、こういう化学労力を利用して生命集中をする。水力発電では、ところ労力が直電気労力にのぼるわけではなく、ほかの労力に移り変わった事後、電気労力となります。さんざっぱら勉強になりました。http://www.luxgen-motor.co/

一息入れたのも束の間、満を持してK夫人登場

事情を察しているだけに、私は分かったような顔でM・Tに同調することしかできなかった。
網戸の取り付けは無事完了したものの、N・MやスタッフのN・Hに報告もせずに二人で実家のように寝っ転がって一息入れていると、N・Mの妻でN・Hの母親にもあたるN・K夫人(以下N・K)がお茶を運んで来てくれた。
「二人とも、シナガワ区から来たんだって?遠かったでしょ」
 少しクセはあるものの、フランス生まれの夫人は流暢な日本語を話す。N・Mとは国際結婚らしいが、日本に移り住んでかれこれ二十年近く経つという。
「ここは緑豊かなところですね」
 物質的には豊穣過ぎる時代になったとは言え東京にも豊かな自然の憧憬は確実に現存しているのを私は今し方、体感してきたばかりだった。
「奥多摩の方はもっとキレイ。奥多摩はココから、更に西」
 この季節の奥多摩は快適そうだ。足を運ぶだけでちょっとしたバカンス気分が味わえるかもしれない。
都心では幾重にも物やトレンドが溢れ返り生まれては消えてゆき、変化を繰り返し続けるばかりだが、西東京の一帯に広がりを見せる雄大な自然は唯一無二のかけがえのないものとしてこれからも後世に脈々と受け継がれてゆくだろう。http://www.siggly.co