押入れ整理をしつつ家族の希望に応えるハンドメイド

家族から頼まれた必要品を、いかにして押し入れに眠っている材料をつかった手作りで賄うことができるかを自分に課しています。結果それが趣味に・・・。
ペットのクッションが汚れたので新しくして・お弁当ばこにぴったりのバッグがほしい・みんなおそろいのスリッパに個人の目印をつけてほしい・テレビを見すぎないように普段はカバーをつけたい・・・など。
採寸はしません。必要に応じてモノに合わせて布を裁ち、ミシンでダダダダっと縫っていきます。
扇風機やファンヒーターのカバーもおそろいの布で作り、シーズンオフの押し入れも見栄えが良くなりました。
実はそのための布は新しいものを購入したりはしません。(そもそも使いきれてない布もあるのですが、それはバザーなどの手作り品用になります。)
電化製品のカバーは、若かりし頃に衝動的に買ったもののいまいち好みと合わなかったシーツであったり、
お弁当バッグやなべつかみは、いただいたものの使わないエプロンであったり。
微妙に本来の使い方に沿ったリメイクを心がけるのがお楽しみです。マシュマロヴィーナス 取扱